無料ブログはココログ

« 2013年7月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

利休麩と野菜の煮物

Image001

restaurant材 料
・利休麩 1個
・じゃがいも 中2個
・人参 1本
・椎茸 2個 
・しめじ 半房
・ゆでた枝豆 少々

・だし 2〜3カップ(材料がかぶるくらい)
・砂糖 大1
・醤油 大2
・みりん 大1

restaurant作り方
① 利休麩は薄切り、じゃがいも、人参は乱切り、椎茸は四つ切り、しめじは小房に分ける。
② 鍋に①の材料を入れ、ひたひたのだしと調味料を入れ、落としぶたをして煮含める。
③ 器に盛ってから枝豆を散らしていただく。

精進の肉じゃがと言ってもいいでしょう。
利休麩は、生麩を油で揚げて味を付けたもので、そのままでもいただけますが、煮物にするとこくが出て美味しくなります。

             担当:平岡 妃女

枝豆納豆・きゅうりの塩麹漬け

今日は十五夜。
美しい月を愛でながら、日本酒を一献といきたいところですね!
そこで、超簡単にできるアテを二品思いつきました。

・枝豆納豆

Image001

restaurant材 料
・納豆(添付の醤油、芥子)
・枝豆

restaurant作り方
納豆に添付の醤油と芥子をまぜ、そこに納豆と同量のゆでた枝豆を混ぜ合わせるだけ!
超簡単です。ポイントは、枝豆を少しかために茹でること。納豆の柔らかい食感と枝豆の歯ごたえが相まって一口で二度美味しいです。
もちろん、熱いごはんにのせても美味です。

•きゅうりの塩麹漬け

Image001_2

restaurant材 料
・きゅうり1本に対し、塩麹 小1
・薄口醤油 小1
・好みで茗荷1本

restaurant作り方
① きゅうりは1センチくらいの斜め切りにして、塩麹と薄口醤油を全体になじむように手でもみ込む。
② 好みで、細切りにした茗荷を一緒に漬け込む。
※一晩、冷蔵庫で寝かせると美味しくなります。

               担当:平岡 妃女

すだちそば

9月に入り、すだちが店頭に並ぶようになりました。
でも、まだまだ残暑が厳しいですね。
そんな時に涼しげなすだちそばはいかがでしょうか。

Image002

restaurant材 料
Aかけだし
 ・昆布だし カップ3
 ・椎茸だし 1/2カップ
 ・うす口しょう油 小1
 ・こい口しょう油 小1
 ・酒 小1
 ・みりん 大1

・干しそば
・すだち 一人1個

restaurant作り方
① Aの調味料を合わせて火にかけ、ひと煮立ちさせたら粗熱をとり冷蔵庫で冷やす。
② そばをゆで、すだちをうす切りにして一面に並べ、冷やしただしをひたひたにかけていただく。

                       担当:平岡 妃女

塩昆布

京都三条高倉に、この春オープンした「日常茶飯+」さんという定食屋さんがあるのですが、その定食に添えてある塩昆布がとてもいい塩梅で私は気に入っています。
普段は薄味にしてありますが、今年の夏のように暑さ厳しい時には少し辛目にしてあり、そこら辺の加減も気に入っている理由です。
私もその塩昆布を真似して作ってみました。ごはんにはもちろんですが、パンにもとてもよく合います。それも合わせて紹介します。

Image002

restaurant材 料
・出し昆布…一晩水につけてもどす(目安として昆布10㎝角に2カップの水)
・酒 大1
・濃口しょう油 小1
・薄口しょう油 小1(好みで加減して下さい)
・みりん 大1強
・ごま 適量

restaurant作り方
① もどした出し昆布を3㎝くらいの極細切りにする。
② ①を鍋に入れ、昆布水(昆布をもどした水)をひたひた(100㏄くらい)に入れ、酒、しょう油、みりんで汁気がなくなる寸前まで煮る。
③ 仕上げにごまをまぶし冷まして味を落ち着かせる。

☆サンドイッチ
パンにマーガリンと辛子を塗り、大葉と塩昆布を挟んでいただく(薄切りのきゅうりでも美味しい)。
Image002_2

☆塩昆布のトースト
トーストしたパンにバターかマーガリンを塗り、塩昆布をのせていただく。
Image001

☆塩昆布のチーズトースト
パンにチーズと塩昆布をのせ、トースターで焼く。
Image001_2


               担当:平岡 妃女

« 2013年7月 | トップページ | 2013年10月 »