無料ブログはココログ

« 2013年6月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年7月

レタスとキノコのオイスター炒め

レタスは、サラダなどに生野菜として重宝する食材ですが、火を通しても美味しく頂けます。
コツは食感を残すために、短く加熱すること。
今回は余熱で充分です。しめじだけでなく、他のきのこでも応用出来ます。

Image002

restaurant 材 料
・サニーレタス  4~5枚
・新生姜  小1ヶ
・しめじ  1蕪
・ごま油  大さじ2
・酒  1/3カップ
・オイスターソース  大さじ1
・XOジャン  小さじ1
・塩  少々

restaurant 作り方
① レタスをざく切りに、新生姜を細切りに、しめじは手で小分けにする。
② ごま油で、しめじと新生姜を炒める。
③ 酒をふりかけ弱火でしんなりするまで蒸らす。
④ オイスターソースとXOジャンで味付けし、レタスを加えて火を止める。
⑤ 塩で味を調える。

                                            担当:一条文月

洋風おから

Image002

急なお客様で、食卓にもう一品加えたいと、冷蔵庫を開けてみましたが、ほとんど食材がありません。
そんな時に思いついて作ってみたのが、この一皿です。
偶然、先週、錦のお豆腐屋さんで買ったおからと油揚げがチルドに眠っていました。
冷凍のMixベジタブルを加えると彩りも豊かです。
和風の味付けはありきたりなので、コンソメを使ってみましたが以外に美味しく仕上がりました。

restaurant 材 料
・おから  200g
・油揚げ  1/2枚
・Mixベジタブル(冷凍食品)  100g
・オリーブオイル  大さじ2
・酒  1/2カップ
・水(湯)  1カップ
・コンソメ(固形)  1ヶ
・鶏がらスープの素  大さじ1
・うす口しょう油  少々

restaurant 作り方
① 油揚げをみじん切りにする。
② ①とMixベジタブルをオリーブオイルで炒める。
③ ②におからを加え、湯に固形コンソメの素と鶏がらスープの素をよく溶いて、回し入れる。
④ 酒を加えて水分が少なくなるまで炒める。
⑤ うす口しょう油で味を調える。

※正式な精進では、鶏がらスープは使えません。

                         担当:一条文月

賀茂茄子の蒲焼き丼

Image002

restaurant 材料・調味料(一人前)
・白ご飯  一人前
・賀茂茄子  半分
・刻みネギ  ひとつかみ
・お好みの油  大さじ2

合わせ調味料
・水  大さじ3
・濃い口醤油  大さじ1
・砂糖  大さじ半分
・酒  大さじ1

restaurant 作り方

①賀茂茄子を1センチの厚さでスライスして、両面に細かく十字に切り込みを入れる。
②フライパンに油を引き、弱火で茄子をじっくり焼く。
③両面に焼き目がついて、茄子が柔らかくなったら、余分な油を拭き取り、合わせ調味料を入れる。
④調味料と茄子が馴染んだら、ご飯にのせて、ネギを乗せたら出来上がりです。

*これからが旬の賀茂茄子を使った、お手軽丼です。両面に切り込みを入れることで火が通りやすく、短時間で仕上がります。

                               京居酒屋シェリー 店長 白木原 和音

スナックえんどうとグレープフルーツの前菜

Image002

restaurant 材料・調味料
・グレープフルーツ  半分
・スナックえんどう  5本
・酢(出来れば白ワインビネガー) 大さじ半分
・みりん  大さじ半分
・粒マスタード  適量
・塩  少々
・ブラックぺパー  少々

restaurant 作り方
①グレープフルーツの皮を包丁でむき、ボウルに入れ、酢とみりんと合わせる。
②スナックえんどうを1分弱、かために茹でる。
③グレープフルーツとスナックえんどうが交互になるように並べて、軽く塩とブラックぺパーをふる。
④最後に粒マスタードをのせて、出来上がりです。

*食欲の出ない夏に、さっぱりする一皿です。

                      担当:京居酒屋シェリー 白木原和音

« 2013年6月 | トップページ | 2013年9月 »