無料ブログはココログ

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

白みそのごまみそ(生麩田楽)

今週は、みそを使った和えものの最終回です。
最終回は、白みそのごまみそをご紹介したいと思います。

◎白みそのごまみそ…田楽やいんげんの和え物に適しています。
restaurant 材 料
・ごまペースト  大1
・白みそ  大2
・みりん  大1強

restaurant 作り方
 すり鉢にごまペースト、白みそ、みりんを入れ、よくすり合わせる。

≪生麩田楽≫
Image002

 生麩を2cm位に切り、フライパンにごま油を敷き焼き目を付ける。
 白、赤みそのごまみそを塗り、赤みその方にはごまを、白みそには木の芽をあしらう。

 ※5月16日にご紹介した赤みそのごまみその材料です。
 ◎赤みそのごま味噌
 材 料
  ・煎りごま  大3
  ・赤みそ  大2
  ・砂糖  大1.5
  ・みりん  大3

                           担当:平岡妃女

赤みそのごまみそ(茄子とピーマンのごまみそ和え)

今週は、先週ご紹介した赤みそのごまみそを使った和え物です。

≪茄子とピーマンのごまみそ和え≫
Image002

restaurant 材 料
・茄子 1本…縦半分に切り5mm位の半月に切る。
・ピーマン 2個…半分に切り種をとり、5mm位に切る。

restaurant 作り方
① フライパンにごま油大さじ1をひき、茄子とピーマンを炒め、しんなりしてきたら、ごまみそを適量(大さじ1強くらい)入れ和える。
② 器に盛り付け、白ごまをふる。

                     担当:平岡妃女

赤みそのごま味噌を使ったお料理

本日は、味噌を使った和え物の2週目です。

◎赤みそのごま味噌・・・少し甘めのごま味噌です。田楽などに適しています。
restaurant 材 料
・煎りごま  大3
・赤みそ  大2
・砂糖  大1.5
・みりん  大3

restaurant 作り方
すり鉢で煎りごまをよくする。(完全に粒がなくなりしっとりするまでする)
そこに赤みそ、砂糖、みりんを入れ、よくすり合わせる。

≪生麩と焼筍のごま味噌和え≫
Image002


 よもぎ麩…フライパンで焼き目をつけてサイコロに切る
 筍水煮…スライスして網で焼きサイコロに切る
 
 以上をごま味噌で適量で和える

                                      担当:平岡妃女

酢みそを使ったお料理

今週から4週に渡って、みそを使った和え物を紹介したいと思います。
みそを作っておけば、色々な材料を和えてバリエーションを楽しむことができます。
和えものをする時に大事なのはいただく直前に和えることです。

※みそは種類によって塩分や当分が違うので加減して下さい。

◎酢みそ……青菜やわかめ、きゅうりなどを和えるのに適しています。
restaurant 材 料
・白みそ  大2
・すし酢  大1
・米酢  大1弱
・みりん  大1強

restaurant作り方
すり鉢に白味噌、すし酢、米酢、みりんを入れ、よくすり合わせる。

≪おかひじきと茗荷の酢みそ和え≫

Image002

おかひじき…熱湯でさっと茹で、冷水にさらし水気を絞り5㎝くらいに切っておく。
茗荷…半分に切り、うすくスライスする。

以上を酢みそ適量で和える。

                  担当:平岡妃女

筍の木の芽和え

Image002

restaurant 材 料
・筍(茹でたもの) 50g
・木の芽(柔らかい部分) 10g
・ほうれん草(葉の部分2枚くらい)
・白味噌 大さじ2
(みりん少々)

restaurant 作り方
① 筍は1㎝角くらいのさいの目に切る。
② 木の芽とほうれん草は別々に色よく茹でて、水気を切り細かくたたく。
③ すり鉢に木の芽とほうれん草を入れ形がなくなるまでよくすり、白味噌を入れてさらによくする。
※堅いようならみりん少々でのばす。
④ 筍を③の木の芽味噌で和える。

                       担当:平岡妃女

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »