無料ブログはココログ

« 里芋と白菜の和風クリーム煮 | トップページ | しっぽくにゅうめん »

蕪の白みそ仕立て

平岡、久々の登場です。
このShojinのコーナーも昨年は一条文月女史やプリンセスhirokoちゃんの個性的な二人が加わり、華やかになってきました。
五人それぞれのキャラクターで、美味しいShojinのお料理を紹介していきたいと思いますので、今年もよろしくお願いします。
今月は、心もお腹も温まるメニューを紹介したいと思います。
まず、蕪を使った白みそ仕立てのスープ、冬の蕪は甘みを甘みを蓄えていておいしいですね。今日は蕪を丸ごと柔らかく煮て白みそで仕立ててみました。

Image002

restaurant材 料
・蕪
・蕪の葉(茎の部分)
・白みそ
・豆乳 
 ※白みそと豆乳は1:3くらいの割合で合わせる
・昆布だし
・塩

restaurant作り方
①蕪は天地をおとし、少し厚めに皮をむき(天から地へと包丁をすべらせるようにあてると形よく仕上がります)
②鍋に蕪を並べ、ひたひたに昆布だしを張り、塩をひとつまみ入れ、蕪が柔らかくなるまで弱火で煮る。
③蕪が柔らかくなったら一旦取り出し、鍋の中に残っているだしに白みそを豆乳で溶いたもの(すり鉢であたるかボールに白みそを入れ、豆乳を少しずつ入れながら泡立て器で混ぜるとなめらかになります)を入れ合わせる。
④味をみて薄いようであれば白みそに加える。蕪を鍋にもどし、温めてから器に盛り、白みそのスープをとろりとかけて、上から蕪の茎の部分を刻んだものを少々あしらっていただく。
happy01 応 用
昆布だしの代わりに野菜スープを使うと洋風になる。

☆蕪の皮の漬物☆
蕪の皮を捨ててしまうのはもったいないので、縦に細切りにし、蕪の葉の部分も細く刻み、塩をしてしんなりさせる。しんなりしてきたらきゅっと絞って頂く。
happy01 応 用
この漬物に、塩昆布の細切りを加えたり、柚子皮の千切りを添えたり、胡麻をふったりしても美味しい。

                                担当 : 平岡妃女

« 里芋と白菜の和風クリーム煮 | トップページ | しっぽくにゅうめん »

コメント

先日頂いた時はあまりの美味しさにビックリしました。
豆乳を使っているからかあっさり味で体もポカポカになりました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1291715/43718592

この記事へのトラックバック一覧です: 蕪の白みそ仕立て:

« 里芋と白菜の和風クリーム煮 | トップページ | しっぽくにゅうめん »