無料ブログはココログ

« 蕪の白みそ仕立て | トップページ | サイコロスープ(冬バーション) »

しっぽくにゅうめん

Image002_2


我が家では、お中元にいただいたそうめんを、冬の寒い時季によくにゅうめんにしていただきます。
そうめんのよいところは何と言ってもすぐに茹だること。ものの1分で茹であがるので、ちょっと小腹がすいた時にでも手軽にいただけます。時間のあるときに多めにだしを作って冷蔵庫に入れておけば、そうめんを茹でるだけでいただけます。
今日ご紹介するしっぽくにゅうめんは彩りもきれいですので、お客様へのおもてなしにもなります。
また、だしに葛を入れてあんかけにして、生姜を添えればからだがあったまりますよ。

restaurant 材 料
・そうめん      
・人参
・湯葉            
・梅麩
・柚子皮
・三つ葉
・もどした椎茸
 (砂糖…少々、濃口しょうゆ…少々)

にゅうめんのだし
・昆布だし(水1Lに対し50g)
・干し椎茸のもどし汁(水500ccに対し4~5枚)200ccc
・塩 小さじ1/2強                   
・薄口しょうゆ 大さじ3
・濃い口しょうゆ 大さじ1
・みりん 大さじ1

restaurant 作り方
①まずにゅうめんのだしを作ります。
 だし昆布は一晩水につけておく。干し椎茸は水につけ冷蔵庫で一晩もどす。
②昆布の鍋を火にかけ、沸騰寸前に火を止め、昆布をひきあげる。
③昆布だし1・に椎茸のもどし汁200ccを加え火にかける。沸騰してきたらあくが出て来るのでこまめにすくう。塩、薄口しょうゆ、濃い口しょうゆ、みりんを入れ煮立てる。味をみて薄いようであれば、薄口しょうゆをたす。
④人参は好みの形に切り(写真は拍子木切り)ゆでる。
⑤もどした椎茸はじくを切り落とし、もどし汁をかぶるくらいに入れ、砂糖、濃い口しょうゆで煮含める。
⑥三つ葉はさっと色よくゆで水にさらし絞り、3㎝くらいに切りそろえておく。
⑦湯葉と梅麩はにゅんめんのだし少々で温めておく。
⑧柚子皮は薄くむき千切りにしておく。
⑨いただく直前にそうめんをゆで、温めた器に入れ、下ごしらえした材料をにゅうめんの上にきれいに盛りつけ、熱々のにゅうめんだしをかけていただく。

                                 担当:平岡妃女

« 蕪の白みそ仕立て | トップページ | サイコロスープ(冬バーション) »

コメント

にゅうめんは冬でも美味しく頂けるお料理ですよね。
寒い日のメニューにピッタリsign01
美味しく頂戴しました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1291715/43800671

この記事へのトラックバック一覧です: しっぽくにゅうめん:

« 蕪の白みそ仕立て | トップページ | サイコロスープ(冬バーション) »